気だるげ雑記帳

気になったことやメモしたいことを記事にしています

基本情報技術者試験に合格した【Java】

f:id:ayunem:20161114204625p:plain


の度、文系がH28秋 基本情報技術者試験に一発合格したので感想を。
丁度ブログのネタに困っていたため助かりました(*´ω`*)

午前試験・午後試験 感想



は午前免除試験を受けていたため、当日は午後試験のみの受験でした。




前試験に関しては、過去問を繰り返し解くことが1番大事だと思いました。
最初に参考書を一通り読み、その後過去問道場で鍛錬する事が合格への最速ルート。
通勤中やゴロゴロしている際にスマホのアプリで過去問演習をする積み重ねが必要




ITパスポートとの比較。
マネジメント・ストラテジ分野の出題内容はほぼ同じ。
ストラテジはBCPCSRなどワードの意味を暗記出来れば大体大丈夫。
テクノロジ系は問題数も増える上に、より深い知識を求められる。
マネジメント・テクノロジは過去問を解いて問題を理解する...
個人的に苦手なのは浮動小数点数・回路図・アルゴリズムなどでしょうか...。




前試験は暗記ゲー。ノー勉でも合格できるかもしれない。
私が受けたのは午前免除試験でしたが、1ヶ月の勉強で9割の正答率でした。満足。






にとって午後試験は運ゲー。その時の問題内容・配点によって大きく左右する




は暗記文系ちゃん。残念ながらロジカリストではない...。
その為か苦手分野のアルゴリズムJavaに苦戦を強いられ、共に半分ぐらいの正答率。
そいや、分からない問題は直感で選択すると割と当たった。やはり運ゲーなのか。




前試験対策では過去問演習をひらすら行った。
午後試験は運ゲーと思い込んでいた為、あまり勉強をせずに当日を迎えてしまった...。
対策として行っていた事は、過去多分5年分の全分野問題の解説を一通り読むこと。
午後の出題傾向の把握は必要午前知識が不十分な人は復習することも必要
あと読解力・理解力・速読力・集中力・・・これじゃ国語の問題ですよね...。




体の受験分野を決めて勉強をする。苦手な問題は解かない。
よく『得意分野より苦手分野を勉強しろ!』と言う人がいますが
私は苦手分野を捨てて得意分野の点を満点に出来るよう勉強する事が大事だと思うの!(持論展開)
ちなみに私はハードウェア・ソフトウェア・アルゴリズム・言語分野が苦手でした。
その時によって普段苦手な分野でも解けそうな問題が出題されることもある。
やはり運ゲーなのです。




ちなみに午後に受験のため、睡魔に襲われ頭が回らなくなる。
試験開始の数分前から腹痛に襲われる。
会場によっては時計が用意されておらず焦る。
眠くなる。
眠くなる。
眠くなる。



午後試験 受験分野

問題 分野 正答
問題1 情報セキュリティ 1問のみ不正解。難易度は比較的簡単
問題3 データベース 余裕の満点。得点源。
問題4 ネットワーク 長考の結果外す。大体で書いたら当たる
問題5 ソフトウェア設計 7割ぐらい。速読力、理解力が求められる
問題6 プロジェクトマネジメント 初っ端のみ不正解。MOTTAINAI
問題8 アルゴリズム 半分。もう訳分からんしやりたくない
問題11 Java 6割ぐらい。難易度普通。冷静さが大事



報セキュリティ・データベース・プロジェクトマネジメントは
得点源になりやすい分野だと思います。データベースは出題率が高かったため
H29の春・秋のいづれかの試験では出題されないかもしれない(´・ω・`)
情報セキュリティは午前の基礎知識・データベースはSQL句の意味の暗記
プロジェクトマネジメントは読めば解ける問題が案外出題される




ードウェア・ソフトウェア・ネットワークは得手不得手が激しい。
私みたいな文系クンは時間の無駄なので違う分野を解いた方が良いかも。




フトウェア設計は読解力と理解力と速読力...
やっぱり国語の問題じゃないか...。




ルゴリズム・選択言語問題は配点が共に20点。
アルゴリズムプログラミング言語に自信がある人にとっては嬉しいのかもしれない。
アルゴリズムはよく問題を理解し、トレースをする事が大事。
アルゴリズム読んでも最後の問題が理解出来ず直感で解きました。外れましたけど。
選択言語問題は冷静にソースコードを読むと答えが浮かび上がる。




Javaは試験中とても難しく感じたが、その後の見直しで『普通か。』ってなりますた。
アルゴリズムと言語は後半に解くと焦るので先に解くのも一つの手かもしれません。
ゾーンに入ると最強です。私は一瞬ゾーンに入った気がしました。多分気のせいですね。
あと、実際に自分でプログラムを組んでみるのもいい勉強になります。
私は麻雀の親決め・手牌・理牌やRPGの対話型戦闘プログラムを作っていました...();



個人的にJavaで割と見るワード



ほぼ出る

  • コンストラクタ(インスタンス化した際に自動で呼び出されるメソッド)
  • コレクション(主にリストとマップ。絶対出る。たまにイテレーターも)
  • オーバーライド(メソッドを上書き。抽象クラスとインターフェースで主に使う)
  • 継承(メソッド・変数を引き継いだクラスを生成。常識)
  • インターフェース(抽象クラスに似ているが若干違う。結構出る)
  • 拡張for文(リストとあわせて結構出る)
  • 列挙型(enemを用いる。たまーに出題)
  • 例外処理(try~catch・throwで例外を投げる。ちょくちょく出る)


使用した参考書・サイト






んな大好き過去問道場。
情報処理試験の対策勉強を行う上で必ず訪れなければいけない場所だ。
午前試験対策は過去問道場でひらすら鍛錬する事に限る。





キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成29年度

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成29年度



学者におすすめの一冊。
キタミ式はイラストが豊富で飽きにくく、図解で理解がし易い。
午前対策の参考書ならこれ一冊で十分。
一通り読んで基礎を固めた後に過去問をひらすら解くことが良いと思います。



スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)



ログラミング初学者向け。
解説が非常に分かりやすく、オブジェクト指向を理解しやすい。
ちなみに基本情報のJavaはコレクションや例外処理等が普通に出題されるのだが
本書にはコレクション・例外処理の説明がないため、あくまで入門書。



スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)



本情報を受験した時、私はまだ未購入でした。
基本情報のJavaはコレクションがほぼ確定で出てきます。
Javaを選択予定の方はぜひとも入門編と合わせて読む事をおすすめ。



1週間でCCNAの基礎が学べる本 第2版 徹底攻略シリーズ

1週間でCCNAの基礎が学べる本 第2版 徹底攻略シリーズ



書はCCNAという資格の入門書。ネットワーク分野の勉強に利用。
ネットワークメディア・TCP/IPサブネットマスク・パケットフィルタリング等々
午後試験で出題されるネットワークの基本的知識を養うことが出来る一冊。
基本情報の後にCCNAを考えている私みたいな人にとって本書は一石二鳥。


最後に



70点で微妙ではあるが基本情報一発合格。
次の目標はCCNA応用情報技術者試験合格。


CCNACisco社のベンダ資格。
3年更新がやや面倒だが、インフラ系を考えている私には必要な資格。
午前試験のみのためネットワークスペシャリストよりも簡単だと思うの。


応用情報技術者試験はなんといっても
アルゴリズム(言語問題)が必須問題ではない
これがどんだけ影響がでかい事かー。ただ午後は記述式であるのが鬼門。
とりあえず冬休みまでぐーたらしてよう。冬休み入ってからもぐーたらしよう。